Other Articles

  • 髙坂健次・辻竜平,1993,「アクセルロッド理論再考:インブリーディング・バイアスが集団安定性条件に及ぼす影響について」,『社会的ジレンマに関する数理社会学的研究』,1991年度科学研究費補助金(総合研究A)「社会的ジレンマに関する数理社会学的研究」(課題番号:03301014)の研究報告書,pp.108-125.
  • 辻竜平,2002,「ゲマインシャフトとゲゼルシャフトを分けるもの:Duncan Wattsの『小さな世界』シミュレーションを応用して」,『フォーマライゼーションによる社会学的伝統の継承と刷新』,1999年度科学研究費補助金(基盤研究B1)「フォーマライゼーションによる社会学的伝統の継承と刷新」(課題番号:11410047)の研究報告書,pp.47-65.
  • 針原素子・辻竜平,2005,「社会的ジレンマ実験における「移動型トリガー戦略」:心理的個人特性,行動意図からの検討」,『秩序問題への進化ゲーム理論的アプローチ』,2002年度科学研究費補助金(基盤研究B)「秩序問題への進化ゲーム理論的アプローチ」(課題番号:14310095)の研究報告書,pp.192-209.
  • 辻竜平,2005,「沈黙の螺旋としての『冬ソナ』・『韓流』ブーム:誰が語り誰が乗ったか」,『明治学院大学心理学部付属研究所紀要』3: pp.3-14.
  • 辻竜平,2005,「沈黙の螺旋としての「冬ソナ」・「韓流」ブーム:モデリングへ向けての実証研究」,『フォーマライゼーションによる社会学的伝統の展開と現代社会の解明』,2002年度科学研究費補助金(基盤研究B)「フォーマライゼーションによる社会学的伝統の展開と現代社会の解明」(課題番号:14310084)の研究報告書,pp.57-70.
  • 辻竜平,2005,「Wattsの『スモールワールド・ネットワーク』に見る3つの問題」,『フォーマライゼーションによる社会学的伝統の展開と現代社会の解明』,2002年度科学研究費補助金(基盤研究B)「フォーマライゼーションによる社会学的伝統の展開と現代社会の解明」(課題番号:14310084)の研究報告書,pp.71-79.
  • 辻竜平,2005,「社会的アイデンティティ理論再考:社会ネットワーク分析の観点から」,『明治学院大学心理学紀要』15: pp.55-61.
  • Ryuhei Tsuji, 2006,“Psychological Biases in Estimating Acquaintanceship Volume,” 『明治学院大学心理学部付属研究所紀要』4: pp.51-56.
  • Ryuhei Tsuji, 2007,“The ‘Zero Problem’ in Estimating Acquaintanceship Volume and Its Solution,” 『明治学院大学心理学紀要』16: pp.1-8.
  • 辻竜平・針原素子,2008,「ネットワーク理論から見た野沢温泉の活性化:観光関係者へのインタビューをふまえて」,『市民活動の活性化支援の調査研究:秩序問題的アプローチ』,2005年度科学研究費補助金(基盤研究B)「市民活動の活性化支援の調査研究:秩序問題的アプローチ」(課題番号:17330122)の研究報告書,pp.141-150.
  • 辻竜平・村山研一,2012,「大鹿村の集落のネットワーク構造」,『人文科学論集〈人間情報学科編〉』46: pp.69-80.
  • 辻竜平,2013,「交際他者の多様性とその規定因:ポジション・ジェネレータを用いて」,『人文科学論集〈人間情報学科編〉』47: pp.115-128.
  • 辻竜平,2013,「社会ネットワーク調査から見えるもの,調査法上の問題,そして展開可能性」,『社会と調査』10: pp.5-8.
  • 石黒格・野沢慎司・松尾豊・安田雪・中里裕美・辻竜平,2013,「座談会『ネットワーク調査の問題と展開可能性』」,『社会と調査』10: pp.9-37.
  • 辻竜平,2015,「口承文芸のヴァリアントの類似性と通婚圏との関係:新潟県旧栃尾市で採取された「三枚のお札」の分析」,『信州大学人文科学論集』2: pp.67-79.